2014年1月から放送開始される第53作大河ドラマ「軍師官兵衛」のキャスト発表に注目が集まっています。

軍師官兵衛の画像

戦国時代の世を終わらせた豊臣秀吉の右腕として活躍した右腕「黒田官兵衛」を主人公とした2014年の大河ドラマ、軍師官兵衛の主役にはジャニーズの人気グループV6の岡田准一さんが抜擢されていました。

軍師官兵衛の主役岡田准一

俳優としては、ドラマ「木更津キャッツアイ」や「SP」などの活躍が有名ですが、実は、映画「花よりもなほ」でブルーリボン賞にノミネートされるなど、有名なだけでなく演技力が高い評価を受けていました。

その岡田さん演じる黒田官兵衛を支える妻、光姫(てるひめ)を女優中谷美紀さんが演じることが5月10日に正式発表。

軍師官兵衛への出演が決まった中谷美紀の画像
 

堺雅人の出演は?

 
秀吉の側近と言えば、右腕と言われた「黒田官兵衛」と、左腕と言われた軍師「竹中半兵衛」がおり、この竹中半兵衛を誰が演じるのか?ということに実は以前から注目が集まっていました。

そこでネットを中心に噂されていたのが、2008年の大河ドラマ「篤姫」で名演技を見せて話題となった堺雅人さん。

篤姫で名演技を見せた堺雅人の画像

いつも笑いを浮かべていて、親しみがあるか底が見えない独特の雰囲気が特徴で、竹中半兵衛役にはぴったりなのでは?と以前からネットで話題になっていました。

しかし、竹中半兵衛に選ばれたのは、こちらも親しみのある笑顔が特徴的で、思慮深い医者の役や、裏では何を考えているのかわからない感じの役を得意としている俳優の谷原章介さん。

軍師官兵衛への出演が決まった谷原章介の画像

ネットの予想を裏切った形でのキャスティングとなりました。しかし、知的な役柄である軍師の役なので、雰囲気としてはどちらも同じ感じではないでしょうか。製作者側とネットを中心とした岡田さんが演じる黒田官兵衛のイメージ、その相棒であるは竹中半兵衛のイメージは似通っていると言っていいでしょうね。
 

NHK大河ドラマ、視聴率挽回なるか?

 
年間を通して行われるNHKの定番ドラマとして定着している大河ドラマですが、2011年に松山ケンイチ主演の平清盛が大コケ。平均視聴率が12.0%と、記念すべき作品でワースト1位をとってしまいました。

視聴率挽回にと、今人気絶頂の綾瀬はるかを起用した「八重の桜」も視聴率が思わしくない様子。
「軍師官兵衛」で視聴率挽回とできるのでしょうか。

秀吉役にも注目が集まっているのですが、まだ秀吉役の発表はあっていないようです。主要キャストが決まり次第、こちらのサイトでも順次連絡していきますので楽しみにしていただければと思います。

今後、誰がキャスティングされていくのか。注目ですね。