小林綾子の画像極秘離婚していたことが2013年7月22日に報じられた小林綾子さん。1983年に放送され、平均視聴率52.6%を記録した伝説的連ドラ「おしん」の主役を演じたことで子役として大ブレイク。

その後、若いころは学業に専念していた期間もありましたが、今も女優としてテレビドラマ、映画、舞台と活動を続けています。

ここでは、2010年に離婚した元旦那を中心に、ネタになる話として「おしん」について簡単にまとめているので、ぜひゆっくりと読み進めていただければと思います。

小林綾子の元旦那の職業は?

離婚した元旦那さんについて、大手ニュースサイトでは出張が多いことなどしか取り上げてられていなかったので、夫の職業などについて調べてみました。

医師」や「弁護士」など、世間的に高給取りの職業であると言われることがあるようですが、旦那さんはサラリーマン。建築会社に務める建徳デザイナーらしいです。

離婚の原因は、お互いの生活リズムの違いから来るコミュニケーション不足とみられていて、出張が多い建築デザイナーと撮影が多い女優ではどうしても時間的に難しい部分があったようです。

離婚当時に離婚が報じられなかった理由は、小林綾子さんに対する事務所側の配慮のようでした。

小林綾子に子供はいるの?

以前、雑誌のインタビューを受けた時に「子供は欲しいですね」とこたえていたようですが、前の旦那さんとの間に子供は授かっていません。

おしんが海外でも人気?

伝説的な視聴率を記録した小林綾子さん主演のおしんは、海外でも高い評価を受けているようです。

インドネシア、フィリピン、台湾、スリランカ、香港、アフガニスタン、シンガポール、ベトナム、エジプト、イランなど東南アジアや中東を中心に世界66ヶ国で放送

「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」と称されることもあり、高度経済成長期前のおしんが力強く生きていく様子が発展途上国の人々を中心に多くの共感を呼んでいることが人気の秘訣のようです。

海外の方と話をされるときに、「おしん」をきっかけに仲良くなることがありえるほどの人気なので、一度もご覧になったことがない場合はチェックされてみるのも良いかもしれません。

小林綾子の元旦那の職業や子供、おしん人気のまとめ

小林綾子の元旦那さんは建築デザイナーさんでした。離婚の原因は、お互いの生活リズムの違いにより二人の時間がとれなかったことのようです。

また、二人の間に子供はいません。

おしんは「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」と称されることがあるほどの人気っぷりで、東南アジア、中東では好きなテレビは?と質問されると「おしん」と答える人がいるほどだそうです。

最近ではこの人が主演したドラマが記録的な視聴率を出しましたが、インターネットの登場など、生活様式の変化もあって平均視聴率は52.6%という記録が抜かれることはもうないでしょうね。